魚卵
ニシン | サーモン | スケソウダラ | マダラ

ニシンの卵(数の子) ほとんどのアラスカの魚卵で、ニシンの収穫は1年のうちで南アラスカで3月から始まり、ノームの近くで6月に終わる春に行われます。 従来、日本で新年に贈答品として販売されていた数の子は、現在すし料理店で年間を通じて消費されるようになりました。

魚卵は、アジアとヨーロッパの食事として定評がありましたが、すしがますます好まれるようになり、米国市場でもますます人気が出てきました。 Icicleでは、これらのタイプの魚卵を加工し、販売しています。

サーモンの卵(いくら) 完全に加工された製品(個々の卵)は、ほとんどかサケまたはピンクサーモンから捕られます。 いくらとしてその繊細さでアジアで古くから好まれてきたのに加えて、西欧とロシアでも"サーモンキャビアがますます食べられるようになってきました。" 日本では、高級すし店や高級レストラン、そして小売により年間を通じて消費されています。

サーモンの卵(スジコ) ベニザケの卵のほとんどは、一部やキャビアに使われますが、スジコという柵で売られています。 ベニザケのキャビアは若干、苦みのある仕上げになっており、卵黄の周りに自然の脂肪があるため、その他の種よりも消費期限が短くなります。

冷凍のサーモンの緑の卵 夏のサーモンの季節を通じて、当社のプラントの多くでは、未加工のサーモンの卵を生産しています。 ピンクサーモンの扱いが最も多く、ペテルスバーグのプラントで加工されています。 Icicleの加工船はまた、アラスカのほかの地域で緑の卵も処理しています。 この製品は西欧で人気があり、さらに塩漬けのキャビアに加工されます。

魚卵は、アジアとヨーロッパの食事として定評がありましたが、すしがますます好まれるようになり、米国市場でもますます人気が出てきました。 Icicleでは、これらのタイプの魚卵を加工し、販売しています。

タラの卵(たらこ) タラはベーリング海でほとんどの月に収穫されますが、1月と2月の卵はアジアのバイヤーからその色、テクスチャ、味により好まれます。 この製品は日本でほとんどが消費され、すし店、ミドルクラスのレストラン、そして小売店で年間を通じて販売されます。

魚卵は、アジアとヨーロッパの食事として定評がありましたが、すしがますます好まれるようになり、米国市場でもますます人気が出てきました。 Icicleでは、これらのタイプの魚卵を加工し、販売しています。

マダラの卵 マダラの卵は1月から3月までに収穫され、アジアとヨーロッパの市場では人気があります。 当社のマダラの卵は、成熟度と品質により等級に分け、スリーブロックからマスターカートンで、7.5キロのブロックで冷凍します。

魚卵は、アジアとヨーロッパの食事として定評がありましたが、すしがますます好まれるようになり、米国市場でもますます人気が出てきました。 Icicleでは、これらのタイプの魚卵を加工し、販売しています。

購入の際の連絡先

本製品をお買い求めになりたい場合のご連絡先:

  • 電話: 206.282.0988
  • ファックス: 206.282.7222